緊急避妊薬の服用期限

緊急避妊薬は、女性ホルモンの成分を配合した錠剤であり、これを飲むことによって、血液中におけるホルモン値が高まるため、妊娠を防ぐ効果があります。より具体的には、卵巣から卵子が排卵されるのが防がれたり、子宮内膜に受精卵が着床できなくなったりという効果になります。
これらは基本的には妊娠に至る直前の段階にストップをかけて、妊娠が成立しなくなるようにするということですので、逆にいえば、妊娠が成立する以前に緊急避妊薬を飲まなければならないということになります。
このため、緊急避妊薬を飲むタイミングとしては、妊娠するかもしれない危険な行為があった後すみやかに、時間としては72時間以内に飲むようにとの指示がなされています。
もし卵子が受精して、受精卵となってしまった場合には、その受精卵は細胞分裂をしながら卵管のなかをゆっくりと進み、やがて子宮に到達して、子宮内膜に着床し、妊娠が成立してしまいます。
緊急避妊薬の服用による最後の砦として、受精卵の着床阻止というのがありますが、これは要するに、受精卵が子宮に到達するよりも前に、子宮内膜の表面の組織が薬物の力で強制的に剥がれ落ちるようにして、着床ができないようにするということです。
この子宮内膜が剥がれ落ちて体外に排出される現象というのは、実は自然の状態であっても女性の体に起きる生理(月経)のことであり、緊急避妊薬は生理を人工的にわざわざ早く起こさせて妊娠しないようにしているのです。
緊急避妊薬でホルモンを補ったとしても生理がすぐに来るわけではなく、何日間かのタイムラグが生じますので、着床・妊娠する前に生理を起こすためのぎりぎりのタイミングが、この72時間以内という服用期限になります。
▼ネット通販を利用してもしもの為に常備しておこう
モーニングアフターピルは緊急避妊用
▼マーベロンのジェネリック品もチェック
マーベロン