緊急避妊薬を飲まないリスクと多毛症の改善

避妊薬は避妊をより確実にするために選ばれている薬で、正しい服用をすればほぼ確実な避妊が行えます。そして28日周期で飲む避妊薬は低用量ピルとも呼ばれており、避妊目的だけではなく、生理不順の改善や更年期の症状の改善などにも利用されています。

女性の悩みとしては、ムダ毛が異常に多い多毛症という症状もあります。多毛症はホルモンバランスの乱れなどから起こることもあり、ホルモンバランスを整える低用量ピルが多毛症の改善に役立つとも言われています。
体毛は男性ホルモンが活性化されていると濃くなりがちですが、避妊薬には男性ホルモンの産出や活性を抑えてくれる効果もあります。
こうした悩みのある方は一度医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。

そしてピルは正しく飲むことで効果を発揮してくれますので、勝手な判断で飲まないということは避け、飲み忘れた場合は正しい対処を行いましょう。

低用量ピルのほかにも緊急避妊薬と呼ばれる薬もあります。緊急避妊薬は避妊に失敗したときや、性被害に遭ってしまった場合の妊娠を避けるために性行為のあとに飲む薬です。

そして、緊急避妊薬を飲む、飲まないはその人の自由となりますが、飲まない場合は妊娠の可能性も高まりますので、妊娠を避けたい場合は早めに医療機関に相談しましょう。

緊急避妊薬はいつ飲んでも良いというわけではなく、性行為から72時間以内に飲む必要があります。飲む時間が遅れれば遅れるほど妊娠の可能性も高まってしまいますので、こうした薬を飲む場合はできるだけ早く処方してもらいましょう。

そして緊急避妊薬は低用量ピルに比べて副作用が強く出ることもありますので、副作用についてもよく理解しておきましょう。