緊急避妊薬としての超低用量ピルの避妊効果

ピルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、含まれている卵胞ホルモンの量によって、高用量、中用量、低用量と分けられており、低用量ピルよりも更に卵胞ホルモンの量が少ない物を超低用量ピルと呼びます。
超低用量ピルは卵胞ホルモンの量が少ない為、吐き気や頭痛などの副作用が少ないのが特徴で現在では多く処方されています。また避妊効果、月経痛の緩和、月経前の不快症状の緩和、ニキビの緩和など通常のピルと変わらない効果があります。
緊急避妊薬は避妊具の破損などで避妊に失敗した時に服用する物で排卵の抑制、排卵を遅らせる、受精を妨げる、受精卵の着床を妨げるなどの効果がありますが受精卵の着床後には効果がありません。服用については緊急避妊薬は性行為後72時間以内に服用を開始、新緊急避妊薬では120時間以内の服用開始で避妊効果が期待できます。
緊急避妊薬は薬局では手に入らないので病院で処方してもらう事になりますが手に入れるまで時間のかかる場合があります。時間がかかる程妊娠の確率が上がりますので、その自衛法として(手持ちの)低用量ピルを使用する方法があります。超低用量ピルも同じ避妊効果がありますので効果が期待出来ます。この緊急避妊はそれまでピルを使用していなかった方でも可能なのであらかじめ処方してもらっておけば、いざという時の妊娠の確率は緊急避妊薬を処方してもらうより下がります。
緊急避妊の効果には時間が大きく関わってきます。緊急避妊薬を薬局で求められない以上ピルの活用は有効な方法であると言えます。その副作用から使用を敬遠されがちなピルですが超低用量ピルではその副作用が緩和され避妊効果は同じです。緊急避妊としてだけでは無く、妊娠を望まない場合の選択肢として有効な物でしょう。